見た目や香りが違う魅力的なバラの育て方をマスターする

バラの魅力

美しい花を咲かせてくれるのが、バラの最大の魅力です。また、四季咲きといって年に複数回花を咲かせてくれる品種がある点も魅力の一つです。

春バラと秋バラの比較!

シュラブ樹形のものも選べる春バラ

春バラは四季咲きのバラと違って、基本的には年に一回しか花を咲かせません。そのため、一季咲きのバラと呼ばれることもあります。シュラブ樹形のものを選択できるのもポイントです。

ブッシュ樹形のものが大半を占める秋バラ

四季咲きのバラは、秋にも花を咲かせることがあります。ゆえに、このタイプを秋バラと呼ぶこともあります。ブッシュ樹形のものがほとんどで、植木鉢で育てやすいのが特徴的です。

見た目や香りが違う魅力的なバラの育て方をマスターする

婦人

バラを育てる際の注意点

バラは非常にデリケートな植物なので、育てる際には注意が必要です。できればバラ専用のガーデニンググッズを使用するのがいいでしょう。バラ専用の培養土やバラ専用の液体肥料などが売られているので、それを使っていくと失敗を減らせます。

バラ

香りが強いバラの品種

「強香種」と呼ばれるタイプのバラは、どれも香りが強いです。具体的な品種名としては、ダマスク香のカザンリクなどが挙げられます。また、ジュードジオブスキュアやナエマなども、香りが強いことで有名です。これらは「超強香種」と呼ばれることもあります。

庭

初心者向けのバラの品種

「強健種」と呼ばれるタイプのバラなら、初心者の人でも簡単に育てられます。温度変化や病害虫に強いので、育て方を大きく間違わなければ花を咲かせてくれます。オールドローズやつるバラは比較的育てやすいでしょう。具体的な品種名としては、ポールズヒマラヤンムスクやつるアイスバーグが挙げられます。

薔薇

鉢でも育てることが可能!

バラの多くが、植木鉢一つで育てられます。特に四季咲きのバラは、多くがつる性ではありません。そのため、植木鉢で育てるのには向いています。さらにミニバラと呼ばれる種類を選択すれば、部屋の中で育てていくことも不可能ではありません。

じっくり品種を選ぼう

バラの品種は多種多様です。それぞれ耐暑性や耐病性も違い、花の色も香りも違います。育て方にも差が生まれるため、品種選びは慎重に行う必要があります。