男性と女性

アパレル業界で働くなら|未経験なら派遣会社を利用しよう

  1. ホーム
  2. 英語の履歴書も準備

英語の履歴書も準備

握手

簡単な英語面接

インターナショナルな企業が日本にも数多く展開されるようになり、外資系企業と呼ばれる会社や、貿易をメインにビジネスを行う企業が増えてきました。そこで貿易会社への転職を検討している人は、まず英語の履歴書も準備しておくことをお勧めします。多くの貿易会社では英語スキルが求められるため、英語による面接などが開催されることもあります。貿易会社や商社では、日本人だけではなく外国人が日本のオフィスで働いているケースも少なくないため、日々のコミュニケーションや会話が英語で行われることもあります。つまりある程度英語が話せるスキルが必要とされることも多く、どれほどの英語力があるのかという点を履歴書で判断されるかもしれません。転職の際には日本語の履歴書と職務経歴書、そして英語の履歴書の計3種類準備しておくと企業の要望に応じてすぐに書類を提出できます。企業によって求める書類が異なりますので、事前に準備をしておくことでスムーズに選考を進めることができるでしょう。実際に面接へと進む場合、終始英語面接が行われることもあれば、いくつかの質問だけ英語で行われることもあります。転職面接では語学スキルを判断するため、英語による面接は珍しくないこととなりました。事前に質問を受けるであろう事柄をいくつか英語で準備しておき、面接対策をしておくと良いでしょう。語学を生かした仕事を目指すのであれば、是非一度貿易会社への転職を検討してみるとよいでしょう。