害虫から守るバラの育て方とは~病気リスクを回避しよう~

育て方を知ってバラの生長を楽しもう【バラの取り扱い説明書】

適した土を選ぼう

ホームセンターに行けば、培養土を手に入れることができます。ただ、バラの場合は一般的な培養土ではなくて、バラ専用のものを使うのがベターです。バラ用に作られたものは、他のものに比べて特に水はけがよく、根腐りリスクが低下します。

腐葉土と培養土の違い

落ち葉が腐ったものが腐葉土

落ち葉が堆積して腐った土のことを、腐葉土と呼んでいます。元が落ち葉なので栄養があり、水はけもいいということで、ガーデニングの際には大活躍します。

培養土は園芸用に最適化された土のこと

培養土というのは、メーカーが様々なタイプの土を配合して作ったものを言います。腐葉土や石灰、肥料などを混ぜ合わせて作られているのが特徴的です。

害虫から守るバラの育て方とは~病気リスクを回避しよう~

植物

バラを育てる上で重要なこと

夏場には病害虫の被害が起こりやすくなります。そのため、頻繁に状態をチェックしてあげることが大事です。問題点は目視して把握できる場合がほとんどなので、毎日しっかりと観察しましょう。適切に薬剤の散布をしてあげると、アブラムシなどの害虫リスクも、黒点病などの病気リスクも減らせます。もちろん、水を与え過ぎないようにすることも大事です。バラの正しい育て方は調べればすぐに分かるので、事前に勉強をしておくといいでしょう。致命的なミスが回避しやすくなります。

薔薇

寄せ植えをする際にバラと相性の良い植物

小さな植木鉢でバラを育てる場合には、根が鉢の中全体にびっしりと伸びていくので、寄せ植えをする余裕がありません。寄せ植えをするなら、大きめの植木鉢を用意するか、地植えを選択するのがいいでしょう。バラと相性のいい植物はいくつかあります。代表的なものとしては、ダブルフラワーカモミールやカラミンサが挙げられます。他にもイタリアンパセリやラベンダーなどは、相性がいいです。

バラ愛好者の声

花

家のレベルがアップした気分になれるのでおすすめです

ガーデニングのメインとしてバラを選択したのですが、思った以上に育てやすくて驚いています。バラは色もきれいですが、何よりも香りが強くて最高です。家のレベルがワンランクアップした気分になれるので、何を育てようか迷っている人にはおすすめです。